教えて!給水管の更新ポイント集

給水管の更新の工事の内容を詳しく比較するコツ

給水管は長く使うと表面や内部の状況が劣化し、水漏れが発生し余分な水道料金を支払う羽目になります。防ぐためには更新の工事を依頼することが重要で、同じ状態でも業者によって作業の流れやかかる費用が違うため比較することが大事です。比較するポイントはただ単に安くすることだけでなく、安心して依頼できることを確かめて決めないと逆効果になります。

このサイトは給水管の工事を行う業者を項目別に分析し、予算や目的に合わせて選ぶきっかけにすると役立ちます。依頼する時はただ単に知名度や広告の内容だけで決めると落とし穴があり、利用者の体験談や実績などを確かめて決めることが大事です。

給水管の工事は水漏れを防ぐためには重要な位置付けで、失敗をしないように安心して依頼できる業者を探さないといけません。このサイトは作業内容や料金だけでなく、利用者の口コミや実績などを比較してまとめましたので参考にして下さい。

サンコウ設備

東京と埼玉を中心に給水管の交換や更新や補修の対応を行っている会社にサンコウ設備があります。サンコウ設備が得意としているのはマンションなどの集合住宅や大規模な建物の給水管の更新です。給水管の更新には非常に高額なコストが掛かります。

サンコウ設備は中間業者を排除して、施主と直接取引を行い円滑に給水管の更新を行います。直接取引を行う事で不必要な経費を削減し、又、コミュニケーションもきちんと取る事で無駄を省く事を可能にしました。給水管の更新費用をサンコウ設備はコストダウンをこのように可能にしています。

サンコウ設備ではマンションなどの大規模な給水管の更新にもきちんと対応しています。もちろんどの様な給水管や設備であってもきちんと更新する事が可能です。サンコウ設備ではメンテナンスの対応も行っています。給水管の更新を任せて安心できる会社です。

株式会社さくらメンテナンス工房

一般的にマンションでは、月々の管理費によって維持管理がされています。戸建も同じように定期的なメンテナンスをするのが望ましいものの、コストがかかるためなかなか行われていないのが現状です。株式会社さくらメンテナンス工房は、独自のノウハウで地域に密着した集中管理を実現。ローコストで集合住宅と同じようなメンテナンスを提供しています。

4つの基本サービスで、1年間を通じて充実したサービスをご提供しています。月々3200円から始められるクリーニングサービスを始め、お好みに合わせたコースを用意。毎日使う水廻りやフロア、外廻りやキッチンのお掃除、自分ではなかなかきれいにできない排水管の高圧洗浄や、給水管の赤サビやヌメリの除去もプロのスタッフが徹底的にお掃除してくれます。またシロアリの防除サービスも行われており、入会日または更新時期から5年間に一度、シロアリ防除を目的とした施工を行っています。

水廻りで困ったことがあれば、電話で専門のスタッフが対応してくれます。さらに住まいに関することならどんな些細なことでも電話とメールで相談できます。年中無休なので365日いつでも相談可能。お掃除の方法で困ったことからちょっとした疑問まで、気軽に相談できます。

イエコマ

イエコマでは、住宅に関するさまざまな問題を解決するサービスを提供しています。マンションや集合住宅ではなく、戸建て専門に行っていることが特徴です。家の中から外まで対象となる箇所は数多くあり、幅広く対応してくれます。サービス内容は、清掃や洗浄といったクリーニングや機器の設置・点検・交換など手広く行っています。たくさんあるサービスの中から自分に合った内容を探す際には、場所や困りごとによって検索できる機能が便利です。

技術の高さと価格の安さがメリットです。技術面において、派遣するスタッフは住宅設備の専門家、言わばその道のプロです。そのため信頼性の高いサービスを約束してくれます。また、価格面では不必要なものを徹底的に省きコストを削減することで、低価格での提供が可能になっています。

給水管保守クリーニングで、水質の改善を行ってくれます。丁寧な洗浄を行ってくれるので、錆の発生を抑えるのに効果的です。給水管更新工事といった大規模な工事が必要となる前に、早めの対処が重要となります。

株式会社タイコー

長きに渡り設置していた給水管は、漏水などが起きやすくなります。株式会社タイコーで行っている更新工事は古い給水管を取り除き、耐候性が高い新しい配管交換を行っています。新しい配管は耐久性にも優れ、錆びにくいため、衛生面でも安心して利用することが可能です。

株式会社タイコーでは給水管の更新では、スレンレス管や樹脂管が使われています。ステンレスや樹脂管では、錆びにくく錆瘤が起こらないため赤水の心配がありません。凍結や衝撃にも強く、従来の給水管よりも軽量で施工がしやすいといく特徴があります。

株式会社タイコーでは、排水管や給水管の更生工事や更新工事などを相場よりも安価な金額に提供しています。マンションの共有部分や専有部分も診断やアフターメンテナンスまで任せることができます。

株式会社ライフ

給水管工事を行うなら、株式会社ライフにまかせることをおすすめします。株式会社ライフは横浜に拠点を置き給水工事を行っている会社で、多くのユーザーから圧倒的な支持を得ています。直結増圧式給水改修工事や更新工事や給水管JAB洗浄のことなら相談してみてください。株式会社ライフは自社で工事を行っているので、無駄な経費が発生せずリーズナブルな価格で工事ができるのが強みです。

株式会社ライフは外注ではなく自社のスタッフで協力して施工するので、コミュニケーションがスムーズにいき、効率よく仕事ができるので工事も早いのです。また神奈川県や東京都の指定も受けている信頼できる会社なのです。

ビルやマンションの受水槽式から直結増圧式給水に更新するなら株式会社ライフなら安心です。スタッフが様々な現場を経験していて、高い技術力を持っているからです。またスタッフはみんな礼儀正しく、親切なので気持ちがいいです。株式会社ライフでは電話やファックスやメールで見積もりを受付しています。

株式会社コウセイ

株式会社コウセイは平成8年5月に設立された会社で、現在の本店と倉庫は横浜市の戸塚区の上倉田町に所在しています。これとは別に名古屋に支店があり、こちらは名古屋市中川区の篠原橋通に所在しています。会社の電話対応時間は日曜日と祝日を除く9時から17時までで、これとは別に年末年始や夏季休暇などが設定されています。

会社の主な事業内容は集合住宅などでの給水管や排水管の老朽対策やシステム変更工事です。具体的には老朽化の診断、既存の給水管や排水管を延命する更生工事、給水管や排水管そのものを取り換える更新工事などとなります。一方では給水や排水をするためには直圧方式と加圧方式など複数のやり方がありますが、これらのやり方を変更するための設備改造工事も行っています。

なお会社が担当した工事に関しては工事内容にもよりますが、保証期間が設定されていて、その期間内に万が一があれば無料で改善する対策がとられています。具体的には塗膜の剥離による漏水や切断復旧箇所の不具合や施工箇所より漏水した場合で、保証期間は施行部分にもよりますが5年ないし10年となっています。

給水管を更新するにはいろんな方法ありますが

給水管は使用し続けて年月が経つと老朽化してくるのでいずれは更新しなければなりません。その更新するためには複数の方法があります。そのうちの1つは給水管そのものを取り換える方法です。その場合には建物の外側へ露出させて設置する場合と目立たないように隠れた部分に設置する2通りに分かれます。建物の外側へ露出させる場合には隠れた部分へ設置するに比べて工事は比較的早く容易に済みますが、外観上の美観を損ねることになります。また屋外露出になるので真冬時には凍結による破損事故に遭いやすくなりますので給水管の上に保温対策材を巻き付けるなどして凍結防止対策を施す必要があります。次に給水管を取り換え更新する場合には給水管そのものの材質の選択をしなければなりません。昔の給水管の材質はライニング鋼管などが使用されてました。

けどそのライニング鋼管は内部に汚れが付着するだけでなく錆が発生し、それのために赤さびが水の中に混じるなどして老朽化してしまいます。現在の給水管の材質は塩化ビニルライニング鋼管と耐衝撃性塩化ビニール管などがあります。塩化ビニルライニング鋼管の場合は強度や耐火性能や耐食性がよくて管端コア継手の使用で内部ネジがさびにくい利点がありますが、費用が高めとなります。耐衝撃性塩化ビニール管は割れにくくてさびが発生しなくて価格が安くて施工がしやすい利点がありますが、塩ビ製なので燃えやすいことや強い衝撃に弱いことなどがデメリットとなります。なので建物の状態をよく把握したうえで決めなければなりません。給水管はこれら全く新しく取り換える方法と既存の給水管を延命工事する2つのやり方に大きく分かれますが、30年以上経過していると新しい給水管へ取り換えることがリスク少なく安全性を保てるとして多くの業者が推奨しています。

一方で20年未満の給水管の場合は既存の給水管の延命工事をすることで、10から20年程度の延命をすることが可能です。その延命工事にも複数のやり方があり、ライニング工法やオゾン洗浄やJAB洗浄工法などがあります。ライニング工法の場合は一般的な延命工事の1つで断水措置をした後に配管内部の錆を徹底的に落とし、その内部にエポキシ樹脂塗料を流し込んで防錆塗膜を形成して延命させます。これにより10から15年程度延命できて費用も給水管取り換えより安上がりになりますが、2度目の延命工事は不可能で、そのときは新しく給水管自体を取り換えなければなりません。オゾン洗浄やJAB洗浄工法などは後から開発されたやり方でライニング工法よりもさらに安上がりで材質を選ばず施行可能です。ただしこれらは単に配管を洗浄するだけで内部に防錆塗膜をしないし、錆の除去なども部分的には配管の肉厚を保つために徹底されていないデメリットがあります。

カテゴリー

先頭に戻る